思い出さないように忘れないように

naritaria.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:酒飲んで酔ってメモ( 4 )


2007年 06月 23日

あのひと あのひと



どうしているだろうか
どういう顔して すごしているだろうか

父さんとよべなくなった あのひと
父さんと呼ばなく なった あの日と

今日の距離が近いのか遠いのかわからない

大好きだった はずの あのひと

悲しかった だろう あのひと

今日の距離は はかれない

あのひとのことはもうよべない
あのひと今日はもうよべない

今日も懸命に俺は働いた
さしてたいしたはたらきでなくとも
今日も今日とて俺は振舞った
懸命に出来うる限り
出来るだけの出来ることを

「ただいま 父さん帰ったよ」といえば
三男が
怒られたのか、不機嫌そうに俺に言う「ただいま」

「おかえりなさいでしょ」
嫁が言う

よちよちあるいて
長女が俺に近寄ってくる

家に帰れば子供らが
俺をお父さんって呼ぶよ

あのひとは こんな日が ちゃんとあったかな
あのひから だれにも おとうさんとよんでもらえなかった あのひと

いちばんかなしい あのひとのあのひと 
いちばんたのしい あのひとのあのひと

すべてたして わって ひいて かけても

おとうさん ありがとう
いまだいぶだいじょうぶ

さようならは夏の日のめまいとしたよ

あのひとはすきなひと
おぼえてるだいすきでかけよってだきついたあのひ

あのひから 遠く離れて いまは
あの人に近づいてる
年齢やなんかが
おれは 遠くはなれていくように 歩いてるつもりだ

あの日のあの人から

かなしい景色はもう うんざり
もっとたのしいを俺にみせて

だいすきだった
あなたを
ゆびさして
「あの人もう違うのって」いった
あのひから どれぐらいはなれられたかな

もうよばないよ
あなたをあのひとだなんて

あなたはおとうさん

あのひとはあのひのあのひと
[PR]

by naritaria | 2007-06-23 00:49 | 酒飲んで酔ってメモ
2007年 06月 15日

火曜日にジャンプ土曜日のチャンピオン

火曜日にジャンプ
低く低く
土曜日にチャンピオン
約束もなく

欲しかったのは続きのその先の
忘れるぐらいの
どんでんがえしとお約束

なにもかもが ほどよく ほどよくもなく
かわったかどうかは
それぞれだな

憶えてることは そんなに ないんだ
思い出せることも いいことは すくない
なんでんない時にせっかく大人になったのに
子供の頃と同じ不安が やっぱ そうか降るんだね

超合金が欲しかった
合体ロボが欲しかった

なにもかも かわってしまった
大事だと教えられてたことは すべて どうでもよかったんだな 都合のいいように

全部てきとうだったんだな

お母さんがすべてだった
お父さんがこわかった

本質から遠く離れて
大きな声が あの頃より 大きなだけで 大きく響いて その辺の人を従わせる
でかい話じゃなくて レベル生活の話さ
わかりにくくもわかりやすくもないぜ

かまぼこ板でパチンコ玉をはじいて
あんちゃんとあそんでたたのしかった

俺だけが感じる
理解する真実のレベルは
スプーンのレベルでどれだけ?

団地の隅の一階のベランダの下に泥団子を埋めた

わからない人にだけ
わからないけど知りたい人にだけ

スプーンの秘密と本質の謎を解くよ

好きだったあの子


丼と皿の違いさ
時と心と生活と
暮らしと知識と行動と
歴史と伝統と欲望と
箸とフォークの違いは?
魂と体重と過去は
シモネタと神話と占いは
心の誓いの過去は

すくうのはスプーンですくえるスープのなかの汁だけ
救えるのは俺のスプーンですくえるスプーンの仲の知るだけ

丼は微妙さ縁が高いから
皿はさらで微妙さかさがないから

ほどよくないのはいつものことさ
あれだ あれさ しゃべりすぎてはしゃぎすぐてくどすぎんのさ

いつものように部屋で飲んで寝ておきゃいいのに

なんもかんも全部さ

あれもこれも全部だ
変わってしまった
変わったのはでもあれだ

楽しみにしていた心ぐらいだ
昔は
火曜日にジャンプ 土曜日のチャンピオン

こころはそれぐらいだよ
[PR]

by naritaria | 2007-06-15 02:02 | 酒飲んで酔ってメモ
2007年 05月 01日

思いだすばらしい

すばらしい日々がまっている
素っ裸で俺が舞っている
悩んでる悔やんでるネアンデルタール
もっと前にずっと先で この辺で ありふれたアーリーフレーター
手紙的なものが届けばいいのによ

誰にもあるというチャンスは
誰も持ってないちゃんとしたアレがないと
最初からうそだろ

すばらしい日々が舞っている
すばらしい俺が待っている
戸惑っている恋に病んでいる悩んでいる
とっくに先にぐっといって その辺は ありがちなアーリーガチな
手本的な人がいればいいけどよ

どこにでもあるというチャンスは
どこにもないから ちょっとしたアレだろう
最後までうそだろ

すばらしさと みすぼらしさの間で
俺が悩んでる
すばらしさとみすぼらしさのあいだで俺が悩んでる間に
君が困ってる

すばらしい日々がくる その前に
失敗の不備が

すばらしい日々がこのまま ないのなら
失敗らしい 俺のこの 日々の暮らしは

すばらしい毎日
失敗らしい毎日

おもいだすはるのひ

ひとりっぼちのよる
ひとりぼっちのよる

上をむいてアルコール
上をむいてアルコール

一人飲んでる夜

いつか
すばらしい 歌がうたえたら
もしも
すばらしい 歌がつくれたら

すばらしい日々が俺にもあるような気がしてた

思い出す春の日
重いです
春の日

ひとりぼっちの夜
ひとりぼっちはより おもいです

すばらしさから 遠く離れた夜
[PR]

by naritaria | 2007-05-01 01:31 | 酒飲んで酔ってメモ
2004年 11月 11日

手と手 (父へ)

暗い記事(詩)だし、意味がわかりにくい、下手な文章です。
ご理解いただいたうえでお読みください。

More
[PR]

by naritaria | 2004-11-11 02:35 | 酒飲んで酔ってメモ